マイナンバー最新情報

マイナンバー制度とは?企業の対応は?いつから?スケジュールは?
担当者が知りたいマイナンバー最新情報をお届け。
ガイドラインや廷調調書などのサンプルも更新があり次第掲載します。
総務・人事・労務・経理・システム担当の方必見!

2015年03月

マイナンバー、物流業界にはどんな影響?カーゴニュース 3月19日号より

20150330_01

■引用元
記事タイトル:カーゴニュース_1969年創業物流情報の専門紙_運行管理者問題集発行

(以下、記事引用)

政府は、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)の利用範囲を広げるマイナンバー法改正案を国会に提出したが、物流業界にも様々な影響が出てきそうだ。

個人の場合、マイナンバーを記載した12桁の「通知カード」が今年10月以降に市区町村から送付されるが、法人も13桁の番号が付与される。
個人番号カードには氏名、住所、生年月日、性別の基本4情報と顔写真が記載されており、宅配などのほか、オムニチャンネルでの受取に本人確認として活用される場面もありそうだ。ただし、カードの取得は強制されていないので、宅配などでの活用には普及が前提となってきそう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


NTT東日本、youtubeの公式チャンネルより、マイナンバー制度をわかりやすく解説しいる動画を見つけました

個人番号の概要やマイナンバー制度の実現で得られるメリット、マイナンバー制度で企業が行うべきこと、管理の重要性、朗えいした場合の罰則、対策ポイントを抑えた内容が10分程度の動画に纏められて紹介されています。

マイナンバー制度の概要と対策を動画で確認。これでバッチリ! マイナンバー制度 フルバージョン



(参照元)
NTT東日本:中堅・中小企業、個人事業主の方向け マイナンバー制度 徹底攻略 | NTT東日本 | フレッツ光

youtube:NTT東日本 公式チャンネル「これでバッチリ! マイナンバー制度 フルバージョン」
https://youtu.be/IUJLpMiytEs

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


いよいよ週末です。今回はマイナンバーちょっと気になる今週の記事をまとめました。
「マイナンバー制度とパチスロ」「マイナンバー関連銘柄」「マイナちゃんは過去にも存在した!?」

■秋から始まるマイナンバー制度とパチンコ・スロット【Q&A】

20150327_02



(参照元)
秋から始まるマイナンバー制度とパチンコ・スロット【Q&A】【雑記】
http://2-9densetsu.com/qa-mynumber/

ふと気になったのですが今秋から始まるマイナンバー制度についてなのですが、銀行口座残高等まで把握されるとかなんとか…別にそれは構わないのてすがパチンコ店に今現在残してる貯玉や貯メダルこれらも対象になるのでしょうか?


パチンコ店での遊戯は、玉と景品を交換→景品を古物商が買い付ける、といった形で所得とは関係ないという仕組みになってるため、パチンコ・スロットとマイナンバー制の関係性は無いように思えます。
もしかしたら、公営ギャンブルなどはマイナンバーの提示を求められたりするようになるのかもしれませんね・・・。


■マイナンバー制度開始に向けて注目!大型受注獲得済み企業の銘柄7選


続きを読む

マイナンバー制導入により、都道府県や市区町村は業務システムの改修のほか、業務に与える影響やコストの試算を行う必要に迫られています。

マイナンバーのシステム構築費について、中央省庁レベルでは350億円を見込んでいますが、マイナンバー制度では、内閣官房や総務省、厚生労働省、国税庁などのシステムを繋ぎ、全国に約1800ある自治体を結ぶ巨大なネットワークを構築する必要があります。
地方の自治体のシステムなどを含めると、初期費用だけでも2700億円の需要が創出され、関連するIT需要は3兆円に上ると試算されています。


IT業界にビジネスチャンス到来。マイナンバー対応需要で14年度の情報システム子会社市場は1兆9,400億円に (エコノミックニュース) - Yahoo!ニュース

20150311_01



■引用元
マイナンバー対応需要で14年度の情報システム子会社市場は1兆9,400億円に (エコノミックニュース) - Yahoo!ニュース
 
(以下、記事引用)
矢野経済研究所では、国内の情報システム子会社市場の調査を実施し、18日にその結果をまとめ「情報システム子会社の市場規模に関する調査結果2015」として発表した 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とアイ・ティ・アール(ITR)より、国内企業698社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査2015」の一部結果が速報として発表されました。

この調査では、企業が重視する経営課題や情報セキュリティ対策の取り組み状況や、2015年度からの施行が予定されているマイナンバー制度に対する意識などについてが調査・分析されています。

マイナンバー制度は、既存アプリケーションの改変での対応が多数派

20150325_02

図:社会保障・税番号制度に対するシステムの対応状況と対応範囲
出展:企業IT利活用動向調査2015-一般財団法人日本情報経済社会推進協会

■引用元
企業IT利活用動向調査2015-一般財団法人日本情報経済社会推進協会

(以下、記事引用)
016年1月以降、社会保障、税、災害対策のための本格利用の開始が予定されている「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)」に関する情報システムの対応状況について調査を実施しました。
 
その結果、全体の74%が対応の必要性を感じており、そのうち約半数は、完了または作業が進行中であると回答しています。
 


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ